WEB会議の比較とメリットの違い

WEB会議の導入率は近年で勢い良く上がっています。従来からある顔を突き合わせて行う会議に比べると時間の削減、移動の手間が省けるなどがメリットです。他にもアプリケーションを利用することで会議内容の保存、進行がしやすくなるといった利点なども生まれます。音声、文章等をやり取り出来るソフトさえあれば、導入コストも大幅に削減することができます。

無料ソフトだけでもWEB会議を行える場合もあるなど、工夫次第でコストは変化するものです。機能性を重視する場合はWEB会議のサービスを利用すると良いでしょう。サービスはいろいろあるので比較をし、その上で選択することが重要となります。当然サービスはオンラインでの利用となります。

サービスとしてのWEB会議を比較する場合、目的別に比較ポイントを決めて行う必要があります。アプリケーションの違い、サポートの有無などはもちろんより詳細な部分においては細かな違いが大きいです。例えばサポートに関しても問い合わせの対応時間、年中無休かどうかなどに違いがあります。また費用に関しては会議への参加人数、利用時間等で変わる場合もあるので、会社の規模や会議の頻度などに合わせての選択が求められます。

総じて会社によってWEB会議の良し悪しも変わるといえます。サービスの違いを総合的に見極め判断しましょう。お試し期間、お試しプランなどを設けている業者もあるので、実際に使ってみた後で判断することも可能です。CRMとはのことならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする