ビジネスにおけるテレビ会議の活用法

テレビ会議とはテレビの画面を通じて遠隔地にいる人と会議を行う方法で、現代のビジネスシーンで多く用いられています。この方法を使うことによって移動にかかる交通費や宿泊費を削減することができます。また、会議での意思決定を現場にいち早く伝えることも可能です。これらの特徴から業務の効率化とコスト削減の両方を実現できる方法であると言われています。

テレビ会議の活用法として、社内教育の徹底に用いられることもあります。支店が日本全国にある場合、集合研修を行うには莫大なコストがかかります。しかし、テレビ会議なら時間や距離という制約が少ないため効率的に教育を施すことができます。全社に向けて社長からメッセージを伝えることもできます。

それによって社員のモチベーション向上も期待できます。リアルタイムの他にもオンデマンドでの配信も可能です。文書やメールでも内容を伝えることは可能ですが、会議は単に物事を決めるというだけの場ではなく、より良いビジネスを今後も展開していくためにコミュニケーションを図る場でもあります。そのため声や表情を読み取ることができるテレビ会議であれば、相手の気持ちを慮ることもできるため正確で迅速な意思決定を下しやすくなります。

また、タブレット端末などを使用すれば気軽にどこからでも会議に参加することができるのでビジネスチャンスをしっかりと捕まえることができます。この様なテレビ会議のサービスは様々な業者から提供されています。業者によって価格などが異なるため、利用する場合は自分の会社に合ったサービスを選ぶことが大切です。SFAとはのことならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする