テレビ会議導入で、メリットたくさん!

テレビ会議とは対話型の通信テクノロジーを活用して、いくつかの離れた場所を、音声と映像でつなぎ会議を行うことです。一つの場所に人が集まって行う会議に比べ、交通費や宿泊費も削減できるため、多くの企業で導入されています。交通機関の遅延や、災害など移動リスクがないので、確実にビジネスを進めていくことができます。また、随時、遠隔地をつなげる点から、迅速な意思決定や活発な意見交換につながります。

さらに、全国に会社や支店が存在する場合、トップのメッセージを直接伝えられることも利点になります。統一性のある社員教育を行いたい場合にも活用されます。全国の社員に同時に、教育を行えることは、教育をする側の労働時間短縮にもつながり、無駄も省けます。複数のメーカーが、高品質な音声や画像に定評があるものや、コストパフォーマンスが高いものなど様々な種類のテレビ会議システムを出しています。

iPadに対応している製品も出ており、出張先やホテル、自宅でも会議に参加できるようになり、社員一人ひとりの時間の有効活用につながっています。専用のカメラは、上下左右リモコンで動かすことができ、多くの社員を同時に映すことが可能です。会議に参加する人数が多い場合、テレビ会議で処理する音声や画像が膨大になるので、感度のいいマイクや、専門のハードウェアでエコーやノイズを消去することもできます。会議の規模、時間にあわせてシステムを選ぶことで、スムーズなテレビ会議を行えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする