肌質別クレンジング方法を徹底比較

subpage01

毎日のクレンジングを肌質別に徹底比較して、自分に一番合った方法を実践するようにしてみましょう。

クレンジングの比較に関して最新情報を教えます。

汗やメイク汚れをその日のうちにしっかり落としておくことが美肌のためには必要不可欠ですので、自分の肌質を知るということはとても大事です。
肌質によって最適なクレンジング方法も違いますので、しっかり見極めましょう。



まず、クレンジングを比較するときに欠かせない主流の方法がオイルを使ったメイク落としです。
オイルはメイクや皮脂ともなじみやすいので汚れをスッキリ落とせるという特徴があります。

適度な潤いも残るので使いやすいですが、もともとオイリーという人はべたつきが気になるということがあるので注意しましょう。オイリー肌でも使いやすいのがゲルやウォーター、フォームといったオイルフリーの商品です。

ただし、オイリー肌と思っている人でも実は乾燥しているというインナードライの可能性もありますので、洗浄力が強すぎるものを使ったり洗いすぎには注意しましょう。

オイリー肌と比較してもクレンジング選びが困難なのが乾燥肌や敏感肌です。洗いすぎは必要な皮脂まで除去してしまうので乾燥肌の人にはNG。


強い洗浄力では肌荒れを起こすので敏感肌には使えません。

そこでおすすめなのがクリームや乳液を使ったクレンジング方法です。



普段使っている乳液などをメイクになじませ、コットンなどで汚れがつかなくなるまでふき取ります。


ゴシゴシこすると肌に負担がかかるので、優しくコットンを動かすのがポイントです。