くすみが気になる肌をクレンジングで美白にしよう

subpage01

毎日、肌のケアをきちんと行っているはずなのに肌全体の顔色が悪くくすんだように感じることがあります。


年齢を重ねると肌質も変化し、肌の生まれ変わるサイクルも遅くなっていきます。
くすみの原因は、年齢だけでなく様々な原因が考えられます。くすみの原因は、メイク残りによるもの、蓄積されたメラニン、食生活の乱れ、乾燥などがあります。

クレンジングや洗顔で落とすことの出来なかったメイク残りは、皮脂や汗と混ざり合って酸化し活性酸素が生まれてしまいます。

活性酸素の過剰な発生は、肌の老化を早めることにつながります。
活性酸素は、表皮の奥にあるメラノサイトを刺激し、シミの原因となるメラニンの生成を活発化させ肌に色素沈着させてしまいます。

また、メイク残りが毛穴をふさいだ状態が続くと、毛穴の汚れや古い角質が排出されないのでくすみの原因となってしまいます。

クレンジングのくすみを知ろうと思っている人にお勧めの情報をお届けします。

メイク残りによるくすみは、クレンジングの方法を正しく見直すことで解消することができます。


メイクを落とす際には、乾燥した部分からではなく、脂っぽいTゾーンから始めましょう。

メイクを落とそうとして必要以上の力を込めてこすることは肌への負担となります。

優しく馴染ませるようにすると、メイクの油分が浮き上がってくるのでぬるま湯で手早く流しましょう。



何度もこすらなくても済むように自分に合ったタイプのものを選んでおくことが大切です。


クレンジング剤には肌への刺激が強いものもあります。

長時間、肌に触れさせておくことは負担となりますので必要以上に時間をかけ過ぎないことも大切です。