ビジネスの利便性を向上させるテレビ会議

テレビ会議の素晴らしいところは、映像を通じてコミュニケーションが交わせる点です。映像という最も便利な意思疎通の方法が使えますので、言葉や文字では通じにくいフィジーなやり取りが出来ます。例えば、「Aという書類のBページのCの図を、もうちょっとだけ拡大してもらいたい」というやり取りも、テレビ会議なら会話と身振り手振り、そして何より映像がありますので、修正を依頼する書類のページをでかでかと相手に見せた上で、お願いが可能です。その作業をEメールや電話で進めようとすれば、非常に苦労します。

まずAという書類名を正しく明記しなければいけません。更にBページが書類のどこに位置するか、こちらも一言一句間違わずに正確にタイピングしなければいけません。そして何よりCの図をちょっとだけ拡大していもらいたい、というフィジーな意図を文章で表現するのは至難の業です。ビジネスの世界では、そういった感覚的なやり取りがしばしば出て来ます。

そこを杓子定規にフォントサイズは20ptで、等と断定的に伝えてしまうと、思っていたバランスにならなった時に、再びEメールや電話等で修正依頼を出す必要が出て来てしまい、全く二度手間になるばかりです。テレビ会議であれば、書類全体に対して「この程度にしてもらいたい」等と身振り手振りで感覚的な意図を、ビジネスパートナーに伝えられますので、ミーティングの時間や回数は最小限に留められます。またプロトタイプの製品や書類のサンプルを、映像でビジネスパートナーへと直に伝えられますので、Eメールを作成する時間も減り、スタッフの作業量が大幅に節約出来る利点も大きいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする