ビジネス用テレビ会議の新しい流れ

テレビ会議システムは電話回線と専用機材を利用するタイプから始まり、現在ではPCとインターネット回線だけで会議を開ける時代になっています。電話回線と専用機材からの発達によって2つの点でビジネスに大きな影響を与えています。1つめはコストです。従来のシステムでは電話料金だけではなく、専用機材のメンテナンスコストもかかりました。

しかし、PCを基本としたシステムに変わった事で、会議を利用する人数に合わせて課金される方式になり、多くの場合、メンテナンスコストも考慮すると格段にコストが下がるケースが多くなっています。また、クラウド対応していることで参加者の人数が固定されず、従来の固定金額よりもコストが下がることが多いようです。2つめは機会です。ビジネスにおいて意思疎通はとても重要ですが、いつでも気軽に会議が開けるとは限りません。

一番の問題は人が集まれない状況が多いことです。距離の問題が一番多く、ついで会議室が開いていないことがあるようです。これらの問題をテレビ会議システムは解決してくれます。距離についてはインターネットを利用することで解決しています。

好きなときにPCからテレビ会議システムにアクセスできます。カメラやマイクや内蔵型を利用できますし、USBタイプのタイプなら外付けでいくらでも選ぶことができます。機会をうまく利用することはビジネスにおいてとても大事であり、場所、距離にこだわらずに会議を開けることは強い武器となります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする