情報化技術の進歩によるテレビ会議

ネットワーク環境が整備され、情報技術が進歩したことによって、様々発展したことが多くあります。ネットワークが成立することによって、「いつでも、どこでも」自由に利用することができるようになります。高度情報化社会により、ネットワーク環境が充実したことにより、テレビ会議が出来るようになりました。テレビ会議が出来るようになり、「交通費の削減」「会議費の削減」「移動時間の削減」をすることができるようになりました。

その結果、経営効率を良くし、営業効果も非常に期待することができるようになりました。従来の「映像配信」においては、映像の劣化や映像が不鮮明だったりなどと利用性に不便を感じていましたが、高度情報化社会、情報技術の向上により、鮮明に利便性が高まってきたため費用対効果が非常に期待をすることができる技術となります。テレビ会議が充実して行えるようになった現在の社会では、経営の効率化を狙うために導入されて技術、費用対効果を期待されて導入された技術となります。今まででは、現地に行かなければ会議など打ち合わせをすることができなかった現状がありますが、現在の技術が発展したおかげで、現地に足を運ばずともネットワーク環境が整備されている所に行くと一か所で会議をすることができるようになります。

また、今までは、時間の都合上で一回しか会議ができなかったところを、テレビ会議が実現したことにより複数の会議に出席することを可能とし、非常にビジネスシーンで求められている技術となります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする